2014年08月07日(Thu)

フランスの「仏独停戦協定記念館」にて  

7月下旬から8月にかけて、領土問題に関する調査のため、北欧とフランスを訪問しました。
日程の最後に、フランスのコンピェーニュの森にある「仏独停戦協定記念館」を訪れ、史料や展示品を観てきました。
今年は、第一次世界大戦が勃発してから丁度100年にあたるため、訪問中もヨーロッパ各地で式典やパレードが盛んに行われていました。

「仏独停戦協定記念館」では、第二次世界大戦の休戦協定でヒトラーが訪仏した際の貴重な写真など、ペルサン館長が説明してくださいました。歴史の重みを感じる訪問となりました。

IMG_0230.JPG
        ペルサン館長の案内で        

IMG_0228.JPG
   第一次・第二次大戦の停戦協定が締結されたテーブルで記念の署名